――――――――――

本多理恵の【通常配信】

――――――――――

○○さん

こんばんは。本多理恵です。

*――――――――――*

きょうお届けするテーマ
◇「こう思わているに違いない!」と一人傷ついているときの対処法
◇プレゼント音声「わたし達はなぜ、いつも同じようなことを繰り返し体験してしまうの?」
(6分02秒)

*――――――――――*

九州では、梅雨が明けました。
日々、暑いです~

○○さんのお住まいの地域ではいかがですか?

かなり久しぶりのメールマガジンになってしまいましたが、
何をしていたのかというと・・・

新しくシステムをつくり変えたりしていたんですね。
(コンサルや講座、セッションは通常通りでしたよ^^)

ある程度、形になりましたので、
これからは、メルマガ配信に力を入れていきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。

そして、きょうは、
新規にメールマガジンに
ご登録いただいた方に
お届けする予定の【プレゼント音声】

「わたし達はなぜ、
いつも同じようなことを
繰り返し体験してしまうの?」
(6分02秒)

を、すでにメールマガジンに
ご登録いただいている
○○さんに、こちらのメールにて、
プレゼントいたします。

音声には、宿題もついていますよ。
プレゼントを楽しみにしていてくださいね^^

=====

※音声のダウンロードは、
メールの末尾にてご案内しております。
このまま、読み進めてみてくださいね。

=====

では、きょうのテーマ
◇「こう思わているに違いない!」と一人傷ついているときの対処法
について、お話ししていきますね。

きょうは、お休みをいただいていて、
久しぶりに、お買い物に出かけたんです。

こんなタイミングでなぜ?!

と思われるかもしれませんが(笑)

かわいい甥っ子のお誕生日プレゼントを
選びたかったのです。

わたし、本多理恵には
甥っ子が二人います。

ゆーほくん:小学1年生
そーまくん:もうすぐ3歳

今月は、そーまくんの3歳のお誕生日なんですね。

お誕生日プレゼントって、
迷いますよね・・・。

お兄ちゃんのゆーほくんの
おもちゃがたくさんあるのに、
さらに、何を・・・?
と考えると、なかなか決まらず。

結局、店員さんにご相談。

本多理恵は、
本当によく店員さんにご相談します。
(一緒にお買い物に行くと、驚かれます。
「そんなに店員さんと話すんですね」って。笑)

一人で、お買い物をすることが
多いっていうのもあるのですが、
やっぱり、その道のプロに
ご意見を求めた方が、
良い買い物につながりやすい
気がしているんですね。

そして、ご意見をうかがいながら
考えること数十分・・・
ついに、購入する商品決定~!

今年は、「ボーネルンド」の商品にしました。

ボーネルンドは、
間違いがないというか
甥っ子たちが、
よく遊んでくれるんですね。

しかも、危ない!
ということがなく、
飽きにくいようでもあります。

そんなこんなで、
叔母は決めましたよ。
安心安全のボーネルンドに。

こうやって、
甥っ子たちにお誕生日の
プレゼントを購入できること
これが、本当に楽しみです。

きっと、独身の
アラサーアラフォー女子の方には、
「うんうん」と共感していただけるはずです。

きょうの店員さんとも
この点において
意気投合しました(笑)

でですね、
こうやって、甥っ子たちの成長を見ながら思うんです。

わたしには、
血のつながりがない祖母がいるのですが、
数年前から、親族間のゴタゴタがあって
もう何年も会えていないんですね。

そして、結構精神的に
辛い思いもしてきましたので、
祖母に対して、

「愛してくれていなかったんじゃないか。」

って、ずっと思ってきたんですよ。

でも、今・・・

祖父との再婚で
若くして祖母になった
わたしが生まれたころの
祖母の年齢に近くなって

わたしをかわいがり
美味しいものを食べさせてくれたり
お洋服やおもちゃを
買ってくれたりしてくれた
祖母との思い出を振り返ってみて・・・

血のつながりのない
わたしのことを、
本当に大切に思ってくれていたんだなぁ。
愛してくれていたんだなぁ。

と、わかるようになってきました。

わたしに甥っ子ができて
そんな気づきがあったんです。

本当によかったなと感じています。

祖母がよくいっていた

「孫に、おもちゃを買ってあげることが
わたしの楽しみたい。
ほかに楽しみはなか。」

という言葉。

今は、なんとなくわかる気がしています。

わたし達は、
色々な物事を
「自分の目線」で捉えることが
多かったりしますよね?

以前のわたしもそうでした。

こんなことをされるんだったら
わたしのことを、絶対に愛してくれてないんだ!
これまでも、愛してくれていなかったんだ!

と、祖母に対して
10年以上、感じ続けていたんです。
そして、一人傷ついていました。

でも、祖母と近い年齢になって
やっと、祖母の見ている世界を想像できるようになり、

「あっ、わたしが思っていたことは違ったんだ。」

という気づきがあったりしたんですね。

わたしは、これまで
祖母の見ている世界を
見ようとしていなかった。

日ごろ、本多理恵がレクチャーしている
認知科学(コーチング)の講座では、

「一人ひとりの見ている世界は違う」

ということをお伝えしたりしています。

まさに、わたしに起こった出来事からも
そのようにいえるような気がしています。

もし、誰かに対して
「絶対にこうに違いない!」
と感じる場面があったとしたら

感情がおさまってから
「本当にそうなのかな?」
って、ちょっと考える
時間をとってみてください。

ご自分の目線では
そう見えるんだけど
相手の方は、
本当はそう思っていない。

もしかしたら、
そんなことが
あったりするかもしれません。

相手の方の見ている世界を
想像してみて
相手の方の目線で見る。
(一体化するイメージです^^)

そうすると、
自分の目線では見えていなかった
世界が見える気がしています。

もし、そこに
「思い違い」や「勘違い」
があったとしたら・・・

そのことによって、
以前のわたしのような「勘違い」が、
解消されたとしたら、
とても嬉しく思います。

「やってみたら、こうでしたよ!」
のご感想お待ちしていますね^^

【メルマガ音声などのご感想・ご質問など、本多理恵へのお問い合わせはこちら】
→ https://rie-honda.net/contact/

では、お待たせいたしました!
本日のプレゼントです。

早速、音声ををこちらから
視聴してみてくださいね。

こちらの音声のご質問・ご感想も
お待ちしております^^

↓ ↓

「わたし達はなぜ、
いつも同じようなことを
繰り返し体験してしまうの?」
(6分02秒)

【音声】
https://www.himalaya.com/ja/episode/2362729/107858343

【メルマガ音声などのご感想・ご質問など、本多理恵へのお問い合わせはこちら】
→ https://rie-honda.net/contact/

それでは
また、お会いしましょう^^

本多理恵

―――――――――――――――

「本多理恵のメールマガジン」

「本来の自分らしさを表現していくことで、その人にしかない価値を提供しながら、自己実現していく生き方を提唱する」
【発行者】本多理恵

=====

【プロフィール】
→https://rie-honda.net/blog/profile/

=====

〈人生理念〉
「人は、学びを通じて、自分らしく自己表現できるようになり、生きる歓びを思い出せる」

〈人生のゴール〉
「肩の力を抜いて、穏やかに、自分らしく自己表現することで、自分にしかない価値を提供しながら、温かい幸せに満ちた愛ある一生を過ごすこと」

【本多理恵へのお問い合わせはこちら】
→ https://rie-honda.net/contact/

―――――――――――――――

特商法

プライバシーポリシー

メールの配信を解除する場合は下記URLをクリックしてください。
→○○