ファッションブランドYOKO CHANに学ぶ、ビジネスにおいてコンセプトが大事な理由~お客さまに選ばれるビジネスをつくるには?~

ビジネス

こんにちは。本多理恵です。

同じような商品がたくさんある中で
“選ばれるものと、選ばれないもの”
があったりしますね。

選ばれるものは、
お客さまは待ってでも、
ほしいといってくださり、
選ばれないものは、
いつの間にかなくなっていたりします。

選ばれるものと選ばれないものの
違いは何なのか?

このことについて、
以前のわたしは、
よくわからなかったりしたんですね。

でも、
あるコンサルタントの方からのヒントと
あるブランドとの出合いを通して
“選ばれるものの理由”
なんとなくわかってきた気がしています。

もしかしたら、
この選ばれる商品の特徴を
知っていただくことによって
ご自分のお仕事の商品づくりの
ヒントをつかんでいただけるかもしれない。

ということで、今回は、
どうしたら、お客さまに選ばれるものを
ご提供することができるのか?

そのエッセンスについて、
学びの後輩のなっちゃんと2人で
お話ししてみようと思います。

同じような商品を提供していて、価格競争をしていた頃

なっちゃん
理恵さんは、以前、学習塾を開いていましたよね?
わたし
そうなんです。
小中学生のお子さんたちとの時間楽しかったですね~♪
なっちゃん
学習塾って、最初から上手くいってたんですか?
わたし
う~ん・・・。
なにしろ、なにもかもが初めての経験で、最初の頃は、いろいろなことで悩んでいたりしてましたねぇ。
なっちゃん
例えば、どんなこととかに悩んでいたんですか?
わたし
お月謝の決め方とかですね。
自営業って、自分で料金設定ができるから、そこでどうしようって、悩んだりしていたんですね。
なっちゃん
それで、どうやって決めたんですか?
わたし
まだ、経験も浅いし、そんなに高い料金は、どうなのかなぁと思っていて。
だから、周りの塾より、少し低めの料金設定にしたりしていたんです。
なっちゃん
確かに、経験がないのに、最初から強気の料金設定って、なんだか気が引けたりしますよね。
わたし
そうですよね。
しかも、ビジネスの勉強もまったくしていなかったので、どう考えたらいいのかもわからず・・・。
なっちゃん
それでうまくいったんですか?
わたし
それが、お客さまに「お月謝が安いからここにしました。」といわれたりしていて。
でも、自分の感覚では、その料金では合わないんじゃないかとかいう思いもあって。
なんだかスッキリしなかったりしたんですね。
なっちゃん
わぁ、確かに。その状況は、スッキリしなさそうです。
わたし
モヤモヤしていると、仕事にも前向きになれなくて。
なっちゃん
そうですよね。なんだかストレスがたまったりしそうですね。
わたし
そんなとき、たまたまなんですが、あるコンサルタントさんにお会いする機会があったんですね。
なっちゃん
そうなんですね!で、なにかアドバイスがあったりしたんですか?

ビジネスには、コンセプトが大事だといわれた

わたし
そのコンサルタントさん、驚いたことに、わたしの顔を見て、「仕事上手くいっていませんね?」っておっしゃったんですね。
なっちゃん
わぁ、顔に書いてあったんでしょうね(笑)
わたし
そうかもしれないです(笑)
それで、「実は、学習塾の料金について悩んでいます。」とお話したら・・・。
コンサルタントさん
個人でするビジネスで、価格競争は絶対にNGですよ。
わたし
あっ、そうなんですね。
コンサルタントさん
価格競争よりビジネスで大切なのは、”コンセプト”です。
わたし
コンセプト?
コンサルタントさん
コンセプトについて学んでみてください。
そのうちわかりますから。
わたし
はっ、はぁ・・・。
なっちゃん
コンセプト?
わたし
そう、コンセプト。
“企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方”のことらしいんだけど。
それだけアドバイスをされて、お話が終わったんですよね(笑)
なっちゃん
えっ?!説明なかったんですか?
わたし
そうなの(笑)
なっちゃん
それだけじゃ、全然わかりませんね。
わたし
多分「えっ?」っていう顔をしていたと思う(笑)
でも、あるブランドとの出合いによって、それが少しわかった気がしたんですね。
なっちゃん
へぇ、どこのブランドとの出合いだったんですか?

1枚で美しいYOKO CHANのお洋服との出合い

わたし
YOKO CHAN(ヨーコ チャン)というブランドなんですけど、知ってますか?
なっちゃん
あっ!
あの結婚会見で、話題になったブランドですね!!
わたし
そうみたいですね~。
なっちゃん
そうみたいって、相当話題になってましたよぉ・・・。
わたし
わたし、テレビほとんど見ないから・・・。
なっちゃん
あっ、そうでしたね。
テレビは置物って、いってましたね(笑)
わたし
あはは。
なっちゃん
でも、どうやって、出合ったんですか?
わたし
ある女性起業家さんに、「お洋服が見たいから付き合ってくれないかな?」ってことで、たまたま入ったお店で、見ることになったんですね。
初めて見たときは、そのかわいさに、感動してしまって。
なにしろ、それまで手に取ってきたお洋服のデザインとは、全然違ってたから。
なっちゃん
そうなんですね。
じゃあ、ちょっと冒険って感じだったんじゃないですか?
わたし
そうですね。
こういうお洋服、わたしが着ても大丈夫かなぁって思う感じだったんですけど、その背筋の伸びる感じがたまらないというか。
ご一緒していた方も、背中を押してくれたから、買うことにしたんですね。
なっちゃん
なんか、そういう買い物って、いいですね。
そのお洋服を着ると気分が上がりそう!
わたし
うんうん。
それで、そのYOKO CHANのお洋服はですね、キャリーケースに入れてても、しわになりにくいんですよ。
当時は、出張が多くて、そういうお洋服を探していたので、嬉しかったなぁ。
なっちゃん
へ~。気分も上がるし、しわにもなりにくいなんて!
いいブランドと出合いましたね~。
わたし
えへへ。
でも、わたしが好きになったのは、そこだけではないんですね。
なっちゃん
えっ?他にも理由があったんですか?

YOKO CHANの服に惚れ込んだ理由

わたし
YOKO CHANのお洋服は、服のラインがすごくきれいなんですね。
なっちゃん
ふんふん。
わたし
アクセサリーをつけなくても、きれいに見えるようにって、つくられてるんですって。
なっちゃん
それは、出張のときに、すごく便利ですねぇ。
わたし
でしょ?
家に帰って、ブランドのことについて調べたら、「クローゼットを真っさらにしたときに、“これさえあれば生きていける”そんな服をコンセプトに創り上げたブランド」って、書いてあって。
なっちゃん
うんうん。
わたし
クリエイティブ・ディレクターのYOKO CHANさんが、ご自身のブランドを身にまとっていらっしゃるときの、あの美しさ。
鍛えられた身体に、さらっと、ワンピースを着る。
アクセサリーは、ピアスだけ。後は、パンプスがあればいい。
その世界観に、心を奪われてしまったなぁ・・・。
なっちゃん
完全に、恋に落ちましたね(笑)

わたし
もう、わたしも体を鍛えようって、思いましたもんね。ここのお洋服のために。
なっちゃん
そこまで、思えたんですね~。
わたし
でも、このことって、ビジネスにおいて、すっごく大切なことなんじゃないかなって思ったんですね。
なっちゃん
ん?どういう意味ですか?

ビジネスは、コンセプトが大事だと気づく

わたし
世の中には、たくさんのファッションブランドがありますよね?
なっちゃん
それは、数えきれないくらいにありますね。
わたし
コンセプトが大事だと、コンサルタントさんに教えていただいてからは、お洋服を買うブランドさんのコンセプトを、だいたい調べるようにしてはいるんですが。
なっちゃん
コンセプト調べるんですね(笑)
わたし
そうなんです。
コンセプトを調べると、そのブランドが、どんな思いでお洋服をつくっているのか?それを知ることができるんですね。
なっちゃん
ふんふん。
わたし
でも、コンセプトを調べたときに、ここまで、衝撃を受けたブランドって、そうそうないんですね。
胸に刺さったというか。
なっちゃん
確かに、コンセプトが胸に刺さるって、なかなかなさそうですね。
わたし
ですよね。
販売しているものって、同じようなもので。
でも、じゃあ、どこで差別化を図るのかっていうと、もしかしたら「コンセプト」なんじゃないかって、感じたんですね。
なっちゃん
そうかぁ、確かに。
よく考えたら、同じようなお洋服を販売している中で、「選ばれる」って、すごいことですもんね。
わたし
そうですよね。
これって、ほかのビジネスもそうなんじゃないかって感じたんですね。
わたしたちのような仕事も、同じようなことをしていらっしゃる方は、たくさんいらっしゃる。
でも、それを買っていただくことで、どうなっていただきたいのか?どんな生き方をご提案していくか?というような思いとか、理念とかが大切なのかもしれないですね。
なっちゃん
なるほど・・・。
ライフスタイルのご提案みたいな感じかもしれないですね。
わたし
そうですね。こんな生き方してみませんか?というような感じかもしれません。
さらに、そのコンセプトでつくった商品に、お客さまが「人生がちょっと良くなりそう♡」って感じてもらえたりしたら、さらに良い気がしています。
なっちゃん
人生がちょっと良くなりそう、ですか?
わたし
例えばですね、わたしは、YOKO CHANのお洋服に出合って、このお洋服を着ると、なんだか身体も鍛える気になれて、背筋も伸びて、気分が上がったりするんじゃないかなって、予感をしたんです。
なっちゃん
ふんふん。
わたし
わたしたちのような仕事も、そうやって、お客さまに「なんかちょっと人生が良くなれるんじゃないかな♡」って思っていただけたらいいのかなぁって。
なっちゃん
なるほど!確かに、お洋服を買うときって、これを着たら楽しくなりそう!嬉しくなりそう!って思いながら買ったりしますもんね。
わたし
どんなときに着ようかなぁとかって、考えたりしますよね(笑)
なっちゃん
これは、勝負服~とかですね!(笑)
わたし
そうそう(笑)
なっちゃん
そっかぁ。
わたし達が選びたくなるのは、そんな”予感ができるもの”なのかもしれないですね。
わたし
うんうん。そうかもしれないですね。
以前お会いしたコンサルタントの方は、もしかしたらそんなことをわたしに伝えたかったのかもしれないなぁって。
そのヒントを教えてくださったことに、とても感謝しています。

なっちゃん
ところで理恵さん、身体は鍛えてるんですか?
わたし
えへへ。
なっちゃん
えへへ、じゃないですよ。YOKO CHANのお洋服との出合ってから、どれくらいたってるんですか?
わたし
2~3年ですかねぇ・・・。
なっちゃん
そんなに!?いい加減、生活に取り入れてくださいよ。
わたし
は~い(笑)あっ、ちなみに、YOKO CHANのお洋服は、ワンピースもきれいですけど、個人的には、ジャンプスーツがおすすめで。
すっごく上品できれいだし、子育て中のママさんも取り入れやすいかと。
あと、パンツのラインもきれいで~。それから・・・
なっちゃん
わかりました。そのお話は、また今度。
楽しみにしてますから~。
わたし
あっ、ほんと?嬉しい~。
じゃあ、またお話ししますね~。次は、何について、お話ししようかなぁ~。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

選ばれる商品の特徴について、
なっちゃんと好き勝手に話してみましたが、
何かしらの参考にしていただけると幸いです。

“ビジネスで、コンセプトが大事”

当時、この言葉を聞いても
よくわからなかったですし、

わかったとしても、
YOKO CHANのようなコンセプトを
打ち出すことは、
わたしには、できないかもしれません。

でも、

“「ちょっと良くなれそう♡」”
とお客さまに感じていただくこと。

というのは、
これからの仕事にも
活かしていくことができたら
いいなと感じたりしています。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

P.S.
YOKO CHANのお洋服に出合って
わたしは、身体を鍛えようと感じましたが、
実は、身体を整えると夢ややりたいことも
実現できたりするようなんですね。

そこで、
夢を叶える身体のつくり方について
こちらにお書きしています。

きょうの記事と合わせて読んでみてくださいね^^

夢を叶える身体をつくるとっておきの方法

2019年9月21日